PEOPLE 04
社員紹介 / 本社スタッフ
PEOPLE INTERVIEW
自分の価値を
高めることが
できるステージ
本社 事業運営部、IT・システム部
ベンチャーと大手、両方の良さがあると感じた
品川店や東京店の開業と運営業務を経て、現在は店舗での業務経験を活かし、本社で運営企画、ITシステムづくりに関わっています。運営企画の部分では、新サービスの企画や既存サービスの改善などに取り組んでいます。またITシステムについては、店舗の経営管理や日々の運営を支える基幹システムの構築・運用サポートから各店舗に導入する情報機器の手配まで、幅広い業務を任されています。
私が当社を転職先として選んだ理由は、「ないものは自分たちでつくってみよう」というベンチャー気質があったからです。しかも、東急不動産グループの社内ベンチャーとして誕生した当社には、資金力、人材力などもそろっていますから、「自分の可能性を試すステージ」として非常に大きな魅力を感じました。「できたばかりの少人数の組織だから、誰かがやらなくてはいけないことが山積みで、経験やスキルがなくても手を挙げればやらせてもらえるだろう」「自分が主役となって事業の発展に関わることで、マネジメント層にステップアップするなど、自分の価値を高めていけるだろう」と思ったのです。
サービスクオリティを支えるITシステムの構築を担当
当社に入って、最も達成感を得ることのできた担当案件が、会員様の情報や店舗の運営関連情報を一元管理する基幹システムの構築です。会員様に関わる情報は、「ビジネスエアポートのサービスの肝」といえるものです。私が開発プロジェクトを担当した基幹システムによって、どこの店舗をご利用いただいても、その方に適したサービスを提供できるようにスタッフ全員が会員様の最新情報にアクセスできるようになりました。システムの企画にあたっては、お客様がフロントにいらっしゃると、お名前を伺うだけで予約情報やお預かりしている伝言やお渡しすべき書類などの有無がわかるようになっている、ホテル業界の仕組みを参考にしました。ビジネスエアポートを訪れて入館手続きをすると、お名前、仕事内容に加えて、どの店舗のどのサービスをいつご契約されて、普段はどんな使い方をされているかといった、よりきめ細かなサービスを提供するために必要な、あらゆる情報がわかるシステムを目指しました。
今後、ビジネスエアポートの店舗数はさらに拡大していくことになりますが、この基幹システムがサービスのクオリティを支える基盤となります。競合企業の方から褒めていただくこともあるシステムにできましたが、もっとお客様のためにサービス向上に役立つものへと育て上げていきたいと思っています。
自分の成長を感じる日々
この事業に携わってから4年あまりが経過しますが、1年1年、自分の成長を感じながら働いています。シェアオフィス事業に関する知識やスキルを身に付けることができ、それをバックグラウンドとして、「お客様の視点に立った物事の考え方」「企画を実現するためにはどうすればいいのか」「パートナー企業様とWin-Winの関係になるポイントを見つけるにはどうすればいいか」などどんな仕事にも通じる基本的な考え方や知識を学ぶことができました。そして、ビジネスエアポートが入居するビルのオーナー様や、ITシステムの構築を依頼するIT企業の担当者様など、多様なパートナーの方々とお仕事をさせていただく中で、「どんなビジネスパーソンとも臆することなくコミュニケーションができる」という自信がつきました。
今後については、ビジネスエアポートを揺るぎないブランドにすることに関わっていきたいと考えています。ビジネスエアポートをこの業界でNo1へと育てていく中で、まだまだやってみたい仕事があります。
DAILY SCHEDULE
ある一日の仕事の流れ
運営企画、ITシステムに携わる本社スタッフ
9:30 出社、メールチェック
10:00 新サービス検討(他社から提案を受ける)
11:00 移動
11:30 同業他社との情報交換MTG
12:30 昼食
13:30 移動
14:00 新企画MTG(社内プロジェクトチーム)
15:00 移動
15:30 デスクワーク(新店舗のインフラ手配など)
17:00 定例業務報告MTG(社内)
18:00 デスクワーク(新企画の説明資料作成など)
18:30 退社
OTHER PEOPLE